きなこの覚え書き

旅行、美容、ダイエット、興味のあることは何でも書く雑記ブログです。でも一番はやっぱり美味しいもののこと。

舞台 ハリー・ポッターと呪いの子

こんにちは、きなこです。

 

お盆休みに『ハリー・ポッターと呪いの子』を観てきました。

 

 

藤原竜也ハリーと早霧せいなハーマイオニーの日を選んでチケットを購入したのですが、早霧せいなさんは休演、中別府葵ハーマイオニーでした。

コロナで舞台が止まりがちな今(楽しみにしていた宝塚 花組チケットもとびました(T . T))もう誰が誰の役でもいい、とにかく公演してくれ!という祈りが通じ、無事に観ることができました。

神様ありがとう♡

 

赤坂ACTシアターの周りはフォトスポットがいっぱいで楽しいです。

f:id:kinako97:20220823130201j:image

(たくさん可愛いフォトスポットがある中でなぜこの写真なのか? 他のところはみんな混んでいたからです)

 

さて舞台の感想ですが

本当に魔法かけてるみたい!でした。

どっからどうみても魔法!がいっぱい。

そして1幕終わりのディメンターの迫力。

とにかく舞台上全ての仕掛けがすごかったです。

 

一応ハリポタシリーズは全巻読んでいるのですが、今回の舞台の『ハリー・ポッターと呪いの子』はあらすじさえ忘れていました。

観劇前に読み直そうと思いつつ時間が過ぎ、結局そのまま観劇。

でもハリポタシリーズの背景さえわかっていれば楽しめる内容です。

 

3時間40分の長丁場なので途中の休憩時にはしっかり食べます。

f:id:kinako97:20220823122000j:image

食べるだけでなくスパークリングワインも。

 

長丁場だ!と構えたけれど、3時間40分とは思えないくらいあっという間に時間が過ぎました。

始まってすぐ舞台に引き込まれ、ハラハラドキドキしていたら終わっちゃいます。

楽しかった〜♡

 

ただ、ヴォルデモートのことをヴォルデモーと言っていて、しばらくはその度に

ヴォルデモー?ヴォルデモートじゃなくて?ヴォルデモー?

と心の中で「?」が。

数分で慣れましたけど(^^)

 

幼なじみが観たいと言っているし、私ももう一回みようかな(^^)