きなこの覚え書き

旅行、美容、ダイエット、興味のあることは何でも書く雑記ブログです。でも一番はやっぱり美味しいもののこと。

負の連鎖

こんにちは、きなこです。

 

きのうから今朝にかけて負の連鎖に襲われている。

 

 

予感

 

始まりはきのうの午前中。

 

カルテの整理をしていたらファイルが1つ、棚からポトッと落ちた。

拾い上げてみるとカルテはある女性のもの。

 

名前を見て嫌な予感が走る。

 

 

名前を言ってはいけないあの人

 

その人は私たちが最も恐れる患者さん。

 

  • 少しでも待たせるとヒステリックに怒られる。
  • 自分の好きな時間に予約が取れないとすごい目で睨まれる。
  • 歯の溝に入り込んだ着色は磨いただけでは落とせないとわかると「ヤブ医者」と怒鳴られる。
  • 他の患者さんと同じ対応をすると「常連なんだから優遇してくれないとおかしい」と怒り出す。

 

いつもイラついていて、目があっただけで刺されそう。

 

触らぬ神に祟りなし、を体現させてくれる人。

とにかくあの人のことは話題にしない(こわいよねーなどと話していると間もなくやってくる!)

その辺で会っても目を合わせない(目が合うとその場で「あ、歯石でも取りに行くわ」となりがち)

なので、私たちの間では話題にしない、思い出さない、を徹底している。

 

ハリーポッターのヴォルデモートのように

『名前を言ってはいけないあの人』なのである。

 

 

遭遇

 

そんな『名前を言ってはいけないあの人』が、社食でランチしている私たちの隣の席に座ったのである。

ちょうど食べ終わったところだったので、みんな黙って席を立った。

ただそれだけのことなのにものすごい疲労感。

 

「もう帰りたい」

「午後働く元気がない」

と、ぐったり。

 

まあいつも「もう帰りたい」し、「働く元気はない」のだけどね。

 

 

威力

 

そのあと、気持ちを立て直すべくお茶を入れようと思ったらポットのコードが「バンッ」と音を立ててショートした。

『名前を言ってはいけないあの人』の祟り。

人の心にダメージを与えるだけでなく、家電まで壊すってどこまですごいんだ?

 

 

爆弾

 

一夜明けて、ドクターが出勤するなり衝撃的なことを言い放った。

 

「皆さんのお給料、来月から大幅に減額します」

 

は? なんで?

 

理由は

「今年卒業して歯科医師になったばかりの娘にこの診療室で働いていただきたいの。でも十分なお給料を出してあげられないと可哀想だから、皆さんから平等に差し引くことにしました」

というもの。

とんでもない理屈だし、娘に対して「働いていただく」って…。

呆れるばかりだが、歯医者ってそういう生き物なのだ。

常識など求めていたらやっていけない。

 

 

こうしてこの度の負の連鎖は大きな爆弾で幕を下ろした。

 

 

いや、ほんと、これで終わりだよね??

 

この後はどどーんといいことの連鎖がくるよね??

ね??