きなこの覚え書き

旅行、美容、ダイエット、興味のあることは何でも書く雑記ブログです。でも一番はやっぱり美味しいもののこと。

言ってはいけない

こんにちは、きなこです。

 

なぜか定期的にやらかしちまうことをまたやってしまった。

反省を込めて。。

 

いけない、いけない。

気をつけなきゃ。

と思えば思うほど、やらかしちまうことってある。

 

うちの職場でのそれはズバリ『髪の薄い人』への配慮である。

 

私たちは患者さんをユニット(治療する椅子)に案内し、座ってもらって後ろからエプロンをかける。

その時、患者さんのほぼ真上から頭を見ることになる。

もう思いっきりいっちゃっている自他共に認める気持ちのいいいわゆる『ハゲ』の方は全く問題はないのだが、困るのは真上から見て初めて気付く現在進行中の方である。

スタッフ全員で気づかないふりを決め込むが、そんな時ほど誰かがうっかりしたことを口走ってしまうのである。

 

先ほども事故があった。

 

背が高くイケメンの今風青年が座ったら、頭頂部がまるーくうすーくなっている。

俗に言う『カッパ型』であるが何しろ長身のため、真上から見ないと全くわからない。

 

気をつけよう、と思っていた矢先、いきなりドクターが

「わあー、いつの間にか薄くなってる!」

と、大きな声を出した。

止める間もなく

「ツルツルー♡」

 

少し前の忙しい時、そのユニットに歯科治療で使うセメントのようなものを落とし、白く色がついていたのを、朝落として綺麗に磨いておいたのが仇となった。

 

焦った私は、『あなたのことじゃないですよ、ユニットについた汚れのことですよ』と患者さんにお知らせするために、そしてドクターを黙らせるためにかぶせるように大きな声で

「いやあ、頑張って磨いたんですよ。でもやりすぎて何かハゲちゃって」

と、一番ダメなセリフを吐いてしまったのである。

 

患者さんは気づいていないと思う。

きっと大丈夫だと思うが。

あとでこっぴどくスタッフに怒られ反省するドクターと私。

 

でも本当、悪気はないんです。

それどころか気を使っているんです。

 

何でこうなるかなあ。。