きなこの覚え書き

旅行、美容、ダイエット、興味のあることは何でも書く雑記ブログです。でも一番はやっぱり美味しいもののこと。

コミュニケーション 〜面倒の避け方〜

普段から仲良くしている女友達。

楽しくてありがたい存在ですが、たまに煩わしくなることがあります。

うっかり地雷を踏むとそこから一気に戦闘モードに突入してしまうのです。そんな時の攻略法を考えてみました。

 

 

・電子レンジは食べ物をガン化させるから絶対に使ってはいけない。電子レンジにかけたものは全て発がん性物質になる。

 

・自己肯定感が低く不満を抱えている人は痩せられない。だからあなたは太ったまま。

 

・ペットショップで猫を買うなんて動物虐待をしているのと同じこと。

 

・パンケーキを食べるなんて命を縮めるようなもの。小麦粉、砂糖は発がん性物質

 

などなど。

彼女にはとにかくこだわることが多いので地雷を踏む可能性が非常に高く油断できません。

 

こちらの調子が良い時はさらっと流せます。

でも旅行の最終日で疲れが出てきている時など、調子が今ひとつの時は思わず反論してしまいます。

 

えー。電子レンジにかけたものを食べただけでガンになる?

 

えー。私が太ってるのは食べ過ぎと運動不足だからじゃない?

 

えー。ペットショップで買って大切にすれば動物虐待にならないと思うけど。

 

えー。パンケーキってそんなに悪者? 私にとっては幸せの素なんだけど。

 

反論すれば当然輪をかけて攻撃されます。

私も負けじとやり返します。

勝負のつかない戦いは延々と続きます。

 

…そして私が負けます。

それは言葉で表現するなら『やり込められる』というのがピッタリきます。

 

彼女は決して意地悪にまくし立てることはありません。

ただ私の間違いをただしてくれようと一生懸命なのです。善意で言い聞かせてくれるのです。

信じるってすごく強い。それがたとえ他人にとってはどっちだっていいことでも、心から信じていることって人を強くします。頑なにするといったほうがすんなりくるくらい。

 

最後は毎回「まあ病気になって苦しむのは私じゃなくてきなこだから別にいいけどね」と吐き捨てられ、げんなりして戦いを放棄します。

「美味しいもの我慢して長生きしてどうすんの?」とイヤミを言いたくなる時もありますが、これ以上この議論はしたくない!と思いとどまります。

 

もちろん彼女の言いたいこともわかります。

『自分は正しいことをしているし、知っている。目の前の友達が間違っているから教えてあげよう。』と考えてのこと。

 

ただ、人それぞれ考えがあっていいと思います。

 

『私は体のためにパンケーキは絶対食べない』

『体に良くないかもしれないけどパンケーキを食べちゃう。その方が幸せ』

どちらの考えもありなのです。

優劣などないのです。

それぞれどちらも正解なのです。

もっといえば、そんなことどっちだっていいのです。

 

 

なので決めました。

今後は答えの出ない水かけ論や勝負のつかない戦いはしません。

自分の考えに自信を持っていれば誰かに賛同してもらう必要なんてないのだから。

 

こちらの状態がどうであろうと

「ふーん、なるほど」とスルーすることにします。

私が どうでもいいこと と割り切ってしまえば躍起になって言い合うことにはならない、ということで。

そこに使う時間とエネルギーは無駄なだけで何の生産性もありませんし。

 

心の中でしっかり『あなたと私は考え方が違う』と意識して線を引いておけばそれでいいのです。

 

 

今日の結論

 

・どうでもいいことに時間とエネルギーを使わない。

・相手をやり込めようとしないこと!

 

と、こんなところかな。。。