きなこの覚え書き

旅行、美容、ダイエット、興味のあることは何でも書く雑記ブログです。でも一番はやっぱり美味しいもののこと。

ポーチを持ち歩こう

 

こんにちは、きなこです。

 

きのう用事があって六本木に行ってきました。

六本木といえば、オシャレタウン、大都会。

学生の頃はワクワクとマハラジャに出かけたりしたものですが(当時はみんな行ってた)今の私にとってはほとんど用事のない非日常の街です。

六本木に出かけるといっても街に繰り出すわけではなく駅直結のビルに1時間いただけですぐに退散。

もうひとつの用事で蔵前に移動しました。

行きたかったお店によったあと、てくてく散歩して横浜に帰ってきたのが夕方。

駅で偶然友達に会い、お茶をしながらまったりしている時に、ふと友達が言いました。

「ねえ、きなこ、なんか雰囲気変わった? いつもと顔が違うような…」

ちっ、気づかれたか。そりゃそうだよ。ちょっと会ってない間にまたどんどん太っちゃったんだから!雰囲気も変わるってもんさ!

などと思いながら

「まあちょっと太ったかも。でもこれが今の私のスタンダードよ。うふ♡」と会話を終わらせたのです。

 

そして夜。

化粧を落とそうと鏡を見て愕然としました。

眉毛を書くのを忘れている!

それだけでも相当なマヌケヅラなのにもうひとつ、マスカラを塗り忘れている!

いや、マスカラを塗っていないだけならどうということはない。いつもより少々顔が地味になるだけでおかしなことにはならないはず!

でもね、マスカラ下地はバッチリ塗っていたのです。しかも大都会に行くからって洒落っ気を出したらしく、もうたっぷり!なのでまつ毛真っ白!

 

きのうの私は眉なし白まつ毛でいろんなところに出没していたのです。

しかも夜化粧を落とす瞬間までそのマヌケぶりに全く気づかず。

朝化粧をしたっきり家に帰るまで一切化粧直しをしないことを見事に証明してしまっているじゃないか!

まあ化粧ポーチも持ち歩かず、バッグのポケットにメンタムのリップが入っているだけなので、途中で気づいたとしてもなにも出来なかったのだけど。

 

今後はポーチを持ち歩こう!とひそかに決心致しました。

 

それから

友よ、雰囲気が変わったのではなく化粧が不十分なだけだったよ。

と、いつかまた偶然会ったら忘れずに言おう。

 

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします

 

あけましておめでとうございます。

 

さて、今年の目標

規則正しい生活

ダイエット

ですが、年が明けてからまだ一度も実行できずにいます。

 

長い休みになるとあっという間に昼夜逆転の生活になってしまうのが恒例ですが、今回の休みも当然同じ結果でした。

 

晦日に最後の忘年会を終え帰宅した後、日付が変わる瞬間に一陽来復のお守りを貼り付けたところまでは予定通り♡

でもそこからがひどかった!

年末に来た友人達が置いていったお酒をひとりでダラダラ飲み続け、いつのまにかテーブルに突っ伏して寝ていました。

今年の第1日目は二日酔いのため使いものにならず。

 

2日は妹の家で美味しいものをたらふく食べ、

f:id:kinako97:20200106145937j:image

f:id:kinako97:20200106145927j:image

帰ってきた途端ソファに直行、そのままダラダラテレビを見たりして寝落ち。気づいたら朝。いや、昼。

 

そんな感じで休みを消費し、今日からお仕事。

夜中に起きて仕事に行くようなものなので当然地獄のごとくダルい。

海外旅行もしていないのに時差ボケってやつです。

 

私は何も『健康的な理想の生活』などとハードルの高いことを望んでいるわけではないのです。

夜、おやすみなさいという気持ちでベッドに入るという、普通の人が普通にやっている生活にシフトしていきたいというだけなのですが。。

 

悪いのは飲みすぎだと思われます。

そうだ。酒をやめよう。

今日からは禁酒だっ!

(えーっと。ときどきは飲むかも♡)

 

てなわけで今日から酒を抜き美しくなる予定ですので、今年もどうぞ仲良くしてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いお年を♡

 

2019年があと少しで終わります。

毎年のことですが、年末は忘年会続きで暴飲、暴食、暴喋の日常となります。

 

f:id:kinako97:20191231174417j:plain

f:id:kinako97:20191231174435j:plain

f:id:kinako97:20191231174458j:plain

f:id:kinako97:20191231174521j:plain

f:id:kinako97:20191231174606j:plain




そして寝不足と喉痛を経て、気づくと激太りと肌荒れ。

今年も順調にその行程をたどり、今持っている全ての洋服がパツンパツン。

 

来年も過去20年と同じく

  1. 規則正しい生活
  2. ダイエット

が私の目標となります。

 

肌荒れだけは今年出会ったお助けクレンジングで免れましたが。

 

 

来年の今頃は肌だけじゃなく体型の方も無事でいたい!

 

そんなことを思いつつこれから今年最後の忘年会へ行ってきます。

 

今年きなこにかかわってくださった全ての皆様、一年間ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

大志満 高輪店 懐石料理で忘年会

 

こんにちは、きなこです。

 

年の瀬。

友達とちょっぴりリッチな大人の忘年会をしてきました。

ふたりでご飯を食べるのは夏以来。その時はイタリアンだったので、今回は和食! お店選びで全面的に頼っている一休.comで探して決めました。

 

 

 

 

大志満 高輪店

 

加賀料理のお店です。

品川のホテルの中にあり、駅からも近いので初めてでも迷わずつきます。

庭に面したガラス張りの席は高級感があります。

 

コース(あいおい)

 

先付

白子豆腐
帆立貝と報連相

f:id:kinako97:20191218144944j:image

 

吸物

牡蛎のふかし

f:id:kinako97:20191218144956j:image

 

お造り

f:id:kinako97:20191218145013j:image

見て見て見て! この可愛いお造り!

これ、懐石ですよ。加賀料理ですよ。

きゅうりのツリー、大根の雪の結晶、人参の長靴、星、全部食べられます。

お造りがリースの中に入っているなんて初めてだったので、二人とも大喜びで写真撮りまくりです。

 

煮物

治部椀

f:id:kinako97:20191218145031j:image

一番楽しみにしていたお椀。

そのまま少し食べてからワサビを溶かすと二度美味しいのです。

私はワサビを溶かした時の味の方が好き。 

 

焼き物

ずわい蟹と帆立貝の甲羅焼き

f:id:kinako97:20191218145121j:image

元々のコースでは鰤の焼き物だったのですが、プラス1000円で甲羅焼きに変えられるといわれ、せっかくだからこちらにしました。

変えて正解! 

なんて贅沢な甲羅焼き。大好物のカニ味噌の下にはたっぷりのカニの身。ホタテも入っていて幸せ。

何と言っても運ばれてきた時の美味しい香りにやられました。

 

酢物

かますと茄子 みぞれ酢

f:id:kinako97:20191218145205j:image

 

お食事

炊き込みご飯 味噌椀 香の物

f:id:kinako97:20191218145214j:image

上品な炊き込みご飯。あっという間に食べ終わりました。

 

食後

水菓子

f:id:kinako97:20191218145227j:image

スプーンがのっているのは綺麗に折られた鶴です。

 

ごちそうさまでした

 

全部美味しかったです。

今度はお寿司も食べてみたい!

何人かでお邪魔してお座敷でゆっくりするのも良さそうです。

 

店舗情報

 

住所:東京都港区高輪3-13-3 シナガワ グース3階

営業時間:昼食 11:30~15:00 (ラストオーダー 14:00)

                  夕食 17:00~22:00 (ラストオーダー 20:30)

アクセス:JR 京浜急行 品川駅から徒歩3分

Webサイト:https://www.oshima-site.com/shop/takanawa/

 

 

 

ちなみに食べ終わってからお店を変えてコーヒーでも、となったらホテルの同じ階に素敵なラウンジがあります。

ソファ席に座ったら最後、居心地よくて立てなくなります。

f:id:kinako97:20191218233827j:plain

大きなクリスマスツリーの近くのソファで案の定エンドレスでした。

贅沢な忘年会に大満足。

また行きたい!

 

一休.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も忘年会スルー出来ず!

 

おはようございます、きなこです。

 

あっという間に師走ですね。

師走といえば忘年会。

酒の席は大好物なので最近はほぼ毎日、忘年会という名目で飲み歩いています。

 

食べることも飲むことも喋ることも好きなので、この時期は私にとって楽しい季節なのですが、ただひとつ行きたくない忘年会があります。それが職場の忘年会です。

 

最近は『忘年会スルー』なる言葉があり、職場の忘年会に出ない若者が増えているようですが本当に羨ましい。

うちの職場のように

  • 一番若い人で47歳
  • 職場の人数が少ない(全部で5人)

という条件になると

「はいみなさん、◯日の◯時から忘年会です」という決め方ではなく、みんなの都合のつく日をすり合わせてお店の予約をするので逃げられないのです。

そもそも従業員はみんなこの忘年会が面倒。

「なんとかナシにできないもんだろうか?」と思っているので、当日ひとりだけドタキャンするわけにもいかず、結局みんなで頑張る羽目になるのです。グズグズ文句を言うくらいならスパッと「行かない」といえばいいのでしょうが、それがなかなかできない。

 

そんな職場の忘年会、せめて苦痛な時間が少なくなるように毎年ブュッフェのお店を予約しています。

こちらに話を振られそうになったらすかさず

「さあ、美味しそうなもの探してこようっと」と席を立つ。コツは食べ物を少しずつ取ってきて、ひっきりなしに席を立つこと。

みんなでそれをやるので席に全員揃っているのは乾杯の時くらい。

 

ただこのお店、時間制限がないのです。普通なら時間制限がなくて喜ぶところですが、職場の忘年会は1分でも早くお開きにしたい。それなのにタイミングを逃しダラダラと結局ラストまでいるのがいつものパターン。

 

が!今年はひと味違いました!

院長がすでに予約している枠をキャンセルして同じ時間をあたらしくとりなおしてくれ、と言ってきました。

は?なんで? みんなキョトンでしたが、よく聞いてみると

「普通に予約を取るとひとり6200円だけど、こっちで取ると5900円なの」

5人分で1500円の差。予約取り直すほどのものかね?と無視しようと思ったのですが、そのスマホの画面をよくみると2時間制と書いてあるではないですか!

はい、もちろん飛びつきましたとも。

すぐに予約を取り直し、今年の忘年会はブュッフェでキッカリ2時間で終了!

異例の早さで終了した忘年会に、なぜかやりきった感をかみしめたのでした。

 

しかしひとり300円でも安くあげたいという院長と一分一秒無駄な時間を取りたくない従業員。これはもう来年は忘年会中止以外の選択肢はないと思う!

問題は誰が言い出すかってこと。

普段好き放題やっている私ですが、こういうことはなかなか言い出せないのです。

これからは、普通に忘年会スルーできる若者を尊敬と憧れの眼差しで見つめてしまいそうです

 

 

 

 

 

 

 

とらや赤坂店 【虎屋菓寮】でプチ贅沢

 

こんにちは、きなこです。

 

半年ぶりに赤坂の豊川稲荷にお参りしてきました。

おみくじ引いたら見事、凶。

あーあ。

近くにある『とらや』のカフェで気分をあげようっと♡ということで『とらや 赤坂店』へ。

 

とらや 赤坂店

 

f:id:kinako97:20191211121403j:image

 

なんとまあステキなお店。

ガラス張りの4階建ての建物は遠くから見ても目立ちます。

お参りする前にこちらのお店を発見したおばちゃんコンビは何も言わなくても帰りに寄ることをお互い心の中で決めていたのでした。

 

1階

 

予約注文した商品を受け取るカウンターがあります。

地下1階にはギャラリーがありますが、食べるもののことで頭がいっぱいの腹ペコおばちゃんコンビは全然興味なし。お菓子を求めて上に直行です。

 

2階

 

とらやのお菓子を購入できます。

 

f:id:kinako97:20191211134952j:image

広い空間に綺麗に並ぶお菓子たち。

どれもこれも欲しくなりますが、なんせ私はひとり暮らしのダイエッター。厳選して5個だけ購入しました。

箱だけでなく、どのお菓子もみんな小分けの1個から購入できるのが嬉しい。子供の頃に駄菓子を選んだ感覚でワクワク選べます。だいぶ高級ですが。。

 

3階

 

カフェ『虎屋菓寮』

『とらや』で売っている羊羹やねりきりの和菓子、あんみつなど甘味や抹茶を楽しめます。

 

f:id:kinako97:20191211153922j:image

お汁粉(小)と抹茶のセット ¥1700(税別)

 

ランチタイムはうどんやちょっと贅沢なランチセットもあります。

テラス席と、室内でも窓際からは豊川稲荷の緑が綺麗に見えます。

 

そしてこのカフェに行ったらぜひトイレも入ってみてください。すごく広い快適空間となっております!

 

店舗情報

 

住所:東京都港区赤坂4-9-22

虎屋菓寮 営業時間:11:00〜18:30(平日) ラストオーダー18時
          11:00〜17:30(土日祝) ラストオーダー17時
           ※ランチタイム 11:30〜14:30

アクセス:東京メトロ丸の内線、銀座線「赤坂見附」駅A出口より徒歩7分

駐車場:あり

ウェブサイト:赤坂店(直営店・虎屋菓寮) | とらやの和菓子|株式会社 虎屋

地図

 

 

 

2階でお菓子を買ってお会計の時

「生菓子(モナカ以外)は賞味期限が本日中となります」と言われて

夜家に帰ってから生菓子4つも食べられるかなあ…と不安がよぎりました。

 

f:id:kinako97:20191211174427j:image

 

が。当然のごとくペロリと完食。

ダイエット中だけど、ちっちゃい和菓子4つくらい大丈夫だよね♡

全然問題ないよね♡ 

ね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【里のくり】知ってる? 復刻版が購入できますよ!

 

こんにちは、きなこです。

 

突然ですが『里のくり』ってアイスをご存知でしょうか?

文字通り栗味のアイスなんですけどね。私が中学生の頃毎日食べた思い出のアイスなのです。

 

友達と懐かしいお菓子と懐かしいアイスの話をしていて『里のくり』を誰も知らないことが判明。そんなバカな!

話しているうちに友達の1人が「あー、知ってるー。栗の形のモナカね」と言ったのですが、いや違う、それじゃないんだよね!それは姉妹品のモナカ『里もなか』でしょ!まあ、味はほぼ同じ気がしますが。

 

『里のくり』はフタバ食品が販売していた栗味のスティックアイスです。

なめらかでこっくりした栗風味のアイスの中に濃厚な栗あんのソースが詰まっています。

今では普通にきな粉黒蜜アイスなんていうのがありますが、当時はアイスといったらバニラやチョコレート、フルーツ系、ソーダ味。和風っていうのはちょっと珍しかった気がします。

中学生当時の私は素朴なパッケージと和風なアイスに「逆にオシャレー」的な感覚で飛びつき、虜になったのでした。

 

で、友達に『里のくり』を思い出してもらおうと思いググってみました。

ググってみた結果、出てきたのがこれ。

 


フタバ食品 復刻 里のくり マルチ 5本×8箱

 

 

まさかの復刻版がAmazonで売ってるじゃないかー♡

復刻版があるならもっと早く教えてよー。ずっと食べたかったんだからー。

 

中学生の時、部活の帰りに友達と『里のくり』を食べながらおしゃべりをしていて帰りが遅くなり毎日怒られていました。

高校生になると放課後『里のくり』ではなくパフェを食べながらのおしゃべりになり、短大の時はパフェ屋さんから居酒屋に場所が変わり。。

 

どのタイミングで『里のくり』がなくなってしまったか定かじゃないのですが、気付いた時にはもう食べられない幻のアイスになっていました。

ああ、懐かしい。早速Amazonさんに届けてもらおう。買うぞ!となったところで、ふと不安になる私。

  • 何しろ中学時代の思い出の味。時間の経過とともにだいぶ美化されている気がしないでもない。(この場合、美味化というのだろうか?)
  • Amazonで箱買いし食べてみたら実際はどうってことない味だったら、一人でこんなに食べられるのか? どうってことない味のアイス40本は虚しい。。しかも季節は冬。
  • 美味しい思い出は美味しい思い出のまま掘り出すことなく大切にしたほうがいいかしら?

などとバカバカしいことを考え始め、結局まだ買わないでいます。

でも久しぶりに食べたいなあ。ああ、揺れる乙女心。

 

一晩寝てから決めよっと。

 


フタバ食品 復刻 里のくり マルチ 5本×8箱

 

それにしても

中学時代はアイスを食べながら時間を忘れてしゃべりまくり、40年後の今は

f:id:kinako97:20191204204459j:plain

かき氷を食べながら時間を忘れてしゃべりまくる。

人間って子供から大人になっても本質は変わらないのね、きっと。